フェイキックIOLで失明したケースはある?

フェイキックIOLで失明したケースはある?

視力回復手術で眼にメスを入れるという行為を行なう時、最も気になるのは失明するリスクはあるのか?過去にそのようなケースはあったのか?ということです。フェイキックIOLの手術中も術後に関しても、これが原因で失明したというケースは報告されていません。合併症や感染症の可能性はゼロではないとはいえ、失明にまで至ったケースはないということは安心できる要素のひとつとなることでしょう。

 

フェイキックIOLの安全性

しかしながら、フェイキックIOLの手術がきっかけで感染症になるリスクがあるわけですから、もしそうなった場合の処置を間違えると最悪の場合失明に至るかもしれない、ということも覚えておく必要があります。手術は人工レンズを挿入するわけですから、まれに最近が一緒に入りこんだり角膜や水晶体などに傷をつけてしまったりする場合、その後のケアは重要なものとなるでしょう。

 

フェイキックIOLは、ヨーロッパで1986年に治療法として用いられるようになって以来、技術が磨かれてきました。レーシックなどと比べるとメジャーではないとはいえ、アメリカでは日本の厚生労働省にあたるFDAという機関からも認可を得ている治療方法です。当然ながら日本でも厳しいチェックを経て導入された手法ですから、やり方そのものに大きな疑問を持つ必要はないといえるでしょう。ただ、手術を行なう医師の技術も重要ですから、十分に調査したり口コミを調べたり、実際に話を聞きに行くなどして信頼できるクリニックを選ぶことが重要です。

 

手術後のケアにより、リスクを最小限に下げる

フェイキックIOLに限ったことではありませんが、手術後も合併症を引き起こすことを避けるためにアフターケアをしっかりと受けましょう。処方された目薬などは指示どおりに使い、定期的に検診も受けます。また術後1〜2週間は特に眼を清潔に保ったり、傷つけないように細心の注意を払いましょう。こうした点に気をつければ、失明の危険は限りなくゼロに近くなると思われます。

 

PS.フェイキックIOLの施術を受けるなら品川近視クリニックがおすすめです。詳しくは以下のサイトを参照ください。

 

URL:http://品川近視クリニック口コミ評判.jp/