フェイキックIOLとレーシックはどっちがおすすめ?

フェイキックIOLとレーシックはどっちがおすすめ?

レーシック手術とフェイキックIOL、視力回復の手段としてはどちらを選ぶべきなのでしょうか。基本的にはメリット・デメリットを考慮して本人が選択するものですが、現状ではまずレーシック、諸事情によりレーシック手術を受けられない人がフェイキックIOLを選ぶという場合がほとんどで、医師たちもそのように勧めるようです。

 

まずレーシックを検討すべき理由

レーシックとフェイキックIOLを比べた場合、医療行為としての歴史は圧倒的にレーシックのほうが長く、たくさんの症例があります。また手術をする医師の経験としてもそちらのほうが長いので安心できるでしょう。そして、費用も多くの場合レーシック手術のほうが安く、経済的な負担が少ないということもあります。

 

また、フェイキックIOLの手術後にまた視力が低下したり老眼になったり、白内障になったりした場合、それまで埋め込んでいたレンズは取り出すか入れ替えることになります。手術時点での年齢や健康状態が関係しますが、レンズ自体は半永久的に利用できるとはいえ、長期的にそのまま使用できる実績は、まだあまりあがっていないのが現状なのです。ですから角膜の厚さが十分で、レーシックで対応できる範囲の視力であることなど条件が整っていれば、レーシックが選ばれることが多いようです。

 

フェイキックIOLのほうがお勧めの人

フェイキックIOLではレンズを眼球内に埋め込むことになり、なおかつ角膜を削るなどの処置は行ないません。それでレーシックや通常のコンタクトレンズによる視力矯正とは違い、激しいスポーツをする人や目に怪我をするかもしれない職業に就いている人でも、ある程度は安心です。とくにボクシングなどの格闘技であっても適応できるということもあって、スポーツ選手で角膜が薄い人が受けることが多いようです。万が一レンズに問題が発生して取り出すことになっても、基本的には角膜が損傷するわけではないからです。