フェイキックIOLの実態について

フェイキックIOLとは?

フェイキックIOLとは、人工レンズであるポリメチルメタクリレートを眼の中に埋め込むことによって視力を矯正する治療法のことです。もともと白内障治療での最新技術として注目されていて、生態適合性に優れているという特徴があります。近視にも遠視にも、乱視にも対応しており、角膜が薄レーシックにも適合しない人でも受けることができる可能性が高いとされています。

 

フェイキックIOLの仕組み

フェイキックIOLは、コンタクトレンズのような形状の人工レンズを眼球そのものに挿入し、光の屈折力を矯正させて視力回復させます。手入れや付け替えが不要のコンタクトレンズをずっと利用するようなもので、「永久コンタクトレンズ」とも呼ばれています。眼球のどの位置に埋め込むかによって「前房型」と「後房型」に分かれていますので、医師と相談のうえ適切な方法を選びましょう。埋め込んだレンズは、万が一不具合が生じた場合は取り出すこともできます。白内障治療とほぼ同じやり方で手術が行なわれます。

 

フェイキックIOLの特徴

視力回復といえばレーシックが注目されていますが、角膜を削るということに躊躇する人も少なくありません。また、実際の手術では角膜の厚さが十分でないと行なうことができないため、体質的にレーシック手術を受けられない人もいます。また、近視の度合いが強すぎると回復させられる視力に限界があります。しかしフェイキックIOLなら角膜の厚さに関係なく手術が可能で、重度の近視にも対応することができるため、アメリカを中心に日本でも広がりを見せています。

 

費用的には、レーシック手術よりも割高になる場合が多いようです。クリニックによって具体的な値段は変わってきますが、一般的にレーシックをまず考慮し、適応できない人の選択肢としてフェイキックIOLがあります。レンズは埋め込んだ後は取りだせるものの、基本的には変更しないため、近視の進行が止まってから手術するのが賢明です。

 

PS.フェイキックIOLまるわかりも参照ください。